GRAPHENE-X

Climate Neutral

クライメイト・ニュートラルとは?

クライメイト・ニュートラル(気候中立)は、人、企業、団体などが、
日常生活や製造工程などの活動により排出する温室効果ガスを、
その吸収量やその他の削減量を差し引いて総排出量を算出し、
実質(ネット)ゼロにするという環境保護への取り組みです。

温室効果ガスの排出量をゼロにすることが難しい分野や活動においては、
残りの排出分を代替措置やその他の活動で削減・吸収することにより相殺することで、
その排出量の全てを実質(ネット)ゼロにすることを目指します。

 一般的に広く知られるようになった「カーボンニュートラル」と「クライメイト・ニュートラル(気候中立)」はほぼ同義ですが、
その違いは二酸化炭素などのカーボンに焦点をあてる「カーボンニュートラル」に対し、
「クライメイト・ニュートラル(気候中立)」は、
京都議定書で定義されている温室効果ガス(メタン、N2O(一酸化二窒素)、フロンガスなど)をすべて含んでいます。

 世界中での気候対策への取り組みが本格化する中、
日本でも「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」ことが宣言されました。

私たちは気候中立であり、グラフェン・カウンシルのメンバーです。
Graphene-Xでは、環境への責任を果たすことが必須であると考えています。
そのため、事業開始当初から気候中立を貫いています。
また、グラフェン・カウンシルのメンバーであるGraphene-Xは、
厳選された高品質のグラフェンのみを製品に使用しています。

サステイナブルになるための最良の方法は、長持ちする服を作ることだと私たちは信じています。
そのため長く使っていただける商品を企画・デザインしております。

クライメイト・ニュートラルへの取り組み

Graphene-Xは当初からクライメート・ニュートラルの認証を取得しています。
しかし、これは現実的にはどのような意味を持つのでしょうか。

クライメート・ニュートラルは独立した非営利団体で、
個人や企業が排出する二酸化炭素を相殺するための方法を、
 非常に現実的な方法で開発しています。
そのプロセスは、まず私たちが排出する炭素の量を測定し、
次に明確に定義された測定可能な行動によって
それを削減することに焦点を当て、最後にカーボンオフセットを
購入することによって残りをゼロにする、というものです。

カーボンオフセットとは、再生可能エネルギーのように炭素の排出を防ぐ、
あるいは植林のように大気中から炭素を取り除く投資プロジェクトです。

クライメイト・ニュートラル・チームと緊密に連携した結果、
Graphene-Xのフットプリント推定値は、
年間566トンのCO2に相当すると定義されました。

 基本的に、私たちが使用するすべてのドルは、ある量の炭素に相当します。
私たちの経済は、基本的に炭素ベースであるため、
これは理にかなっています。
私たちはカーボンオフセットをプールで購入し、より多くのプロジェクトが
私たちの環境活動の恩恵を受けることができるようにしました。

 このプロジェクトには、
インドネシアの森林破壊を防ぐ「カティンガン泥炭地再生・保全プロジェクト」
ブラジルの森林を再生する「エンビラ・アマゾニア・プロジェクト」
ミネソタの森林に貢献する「ブランディン・ネイティブ・アメリカン・ハードウッド(広葉樹)保護プロジェクト」
 などがあります。

カティンガン泥炭地再生・保全プロジェクト
世界最大のVerified Carbon Standard(VCS)認定REDD+プロジェクトで、
潜在的な排出削減量は年間平均740万トンCO2eに達します。
149,800haに及ぶ最大級の泥炭湿地の復元と保護を行う。
 この泥炭湿地は、絶滅の危機に瀕しているテングザルやオランウータン、
その他多くの動植物の生息地となっています。
このプロジェクトでは、ダムで排水溝を塞ぎ、ピートの水の流出を止めることを促進し、
また、保健クリニックの改善や衛生・健康的な配管の開発にも取り組んでいます。
また、最低賃金を上回る400人の労働者を雇用し、950件の地元マイクロファイナンスの融資に貢献することで、
持続可能な地元の労働力開発にも貢献しています。

エンビラ・アマゾニア・プロジェクト
ブラジル・アクレ州におけるプロジェクトで、
最大20万ヘクタールの熱帯雨林を保護することを目的としています。
さらに、豊かな生物多様性と幅広い生態系サービスを同時に保全し、地域社会に直接的な利益をもたらし、
プロジェクト開始後10年間で約1260万トンの二酸化炭素の排出を抑制します。

ランディン・ネイティブ・アメリカン・ハードウッド(広葉樹)保護プロジェクト 
ミネソタ州北部の所有する187,000エーカーの森林で、気候変動の緩和を目的とした森林管理の改善を行っています。
このプロジェクトは、自然林の多様性を維持し、生態系に沿った管理を行うとともに、
3200人以上の労働者と数百の企業を支える森林で、伐採による影響を軽減するスマートフォレストリーの実践を行っています。
 
クライメート・ニュートラル認証の取得は、サステナビリティの旅路の一歩に過ぎませんが、正しい方向への一歩です。

この素晴らしいプロジェクトには、変化をもたらすことに真にコミットしている素晴らしい人々が参加しているのです。
詳細は以下をご覧ください。

クライメイト・ニュートラル